業者にシロアリ点検を依頼

マンションにシロアリが住み着いてしまうと資産価値が低下する

中古マンションの健康状態をチェック

オーナーが行なうチェック

購入した中古マンションでシロアリが発生した場合は、まず建物の状態をよく確認しておかねばなりません。シロアリの被害状況や建物全体のコンディションを調べておけば、シロアリ駆除を行なうまでの時間を短縮することが可能です。

外周を確認

建物の建設時に使われた木材や枯れた切り株などが自宅周辺に残っていると、シロアリが寄ってきてしまう可能性が高いです。まずはマンション周辺を見回り、物件近くに存在する木材や枯れ木などを撤去しておきましょう。

一階部分の確認

マンションの一階部分は一戸建て住宅と同様に、床下からシロアリ被害が発生してしまうことが多いです。特にマンションなどの物件は床下がない構造となっているため、シロアリ被害が発生してしまう危険性があります。そのためマンションの一階部分は入念に点検を行なっておき、シロアリ被害が発生しないように注意しなければなりません。

水回りの確認

シロアリは湿気があって暗い場所を好むため、住宅に住み着く際は台所や浴室などの場所を選びます。そのためマンションの内部をチェックする際は水回り部分をしっかり点検し、シロアリの侵入を予防しましょう。物件の換気を行なって湿気を取り除き、シロアリが侵入してきそうな部分をきちんと閉鎖しておくのが最適な対処法です。

セルフチェックの次は業者の無料シロアリ調査

マンションを自分で点検した後は駆除業者の方に依頼を行ない、プロの方にもしっかりと物件をチェックしてもらうのが適切です。シロアリ駆除を取り扱っている業者の中にはシロアリ駆除施工士や蟻害・腐朽検査員など、専門的な知識や技術を持った方が存在しています。点検をしてもらえばマンションにシロアリ被害が発生することはありません。

TOPボタン